交通事故、医療過誤に関するトラブルは、北浜南法律事務所の弁護士にご相談ください。

ご挨拶

法律事務所内北浜南法律事務所は、2013年5月、私弁護士阪上武仁が開設いたしました。現在,弁護士2名とスタッフ1名の小さな事務所ですが、小さい事務所だからこそできるきめ細やかな法的サービスを提供するよう努める所存です。

法的トラブルに巻き込まれた場合、誰しもが不安な気持ちになることでしょう。まるで、深い森の中や航海の途中、一筋の光のように方向を示して迷える旅人を導いてくれる「羅針盤」、私は、依頼者にとって、そのような存在でありたいと考えています。

依頼者の話をじっくり聞き、解決の方向性をアドバイスした上で、最適な解決に実際に導くことで喜んでいただくという目標を表して、当事務所のロゴマークに「羅針盤」を採用しました(偶然にも、事務所の名称に「北」と「南」が入っております。)。

事件の処理方針

私は、実際の事件の解決を目指すにあたって、依頼者が抱えておられる法的トラブルを適正かつ迅速に処理することを心がけております。

そのためには、

①相談いただく際にじっくりとお話を伺うこと
②事件ごとの特徴に応じた方針を説明すること
③弁護士費用を明確にすること
④処理状況を適時に報告して依頼者の理解を得ること

が必要と考えております。

①について

当事務所での法律相談は、1時間を基本とさせていただいております。仮に、法律判断に必要な事項だけをお聞きするのであれば、30分でもできなくはありません。しかし、事件には、それぞれ異なる背景事情があって、これが事件に影響を与えているのが通常です。そこで、適正な解決のためには、背景事情を含めてじっくりとお話を伺う必要があると考え、1時間を基本とさせていただいているのです(資料をあらかじめ郵送またはFAXしていただければ、相談もスムーズに行えます。)。

②について

同じ種類の事件でも、それぞれ事情が異なるので、裁判による解決が適した事件もあれば、交渉による解決の方が適した事件もあります。これらにつき、法律のプロとして、どの方針が最もふさわしいかを説明させていただきます。

③について

弁護士費用は、経済的利益の○○パーセントという一般の方には理解しにくい表記になっています。これは、弁護士費用は、相手方に請求する金額に応じて変わるのが原則ですが、事案の複雑さ、難易度、解決までに要する見込み時間等を考慮して、依頼者と相談できるよう幅のある設定になっているのです。しかし、具体的な金額が分からなければ依頼するかを決めることもできないので、当事務所では、ご相談いただいた後、ご依頼いただくことを検討される際、金額を明記した見積書を作成させていただきます。

④について

事件処理にあたり、その時々の状況を依頼者に報告しなければ、依頼者は、解決の見込みが分からずに不安になることでしょう。そこで、当然のことながら、当事務所では、適時に事件処理の状況をご報告させていただきます。特に訴訟事件については、期日ごとに書面で期日報告書を送らせていただき、分かりにくい訴訟手続を少しでも分かり易くする工夫をしております。

研究活動

法的トラブルの解決にあたる弁護士にとって、法的素養を磨くことはとても重要なことです。そこで、私は、弁護士会が主催する研修会に参加することはもちろん、学会・研究会等にも積極的に参加することで、新しい法的思考や法理論、最新の情報を得られるように取り組んでいます。

とりわけ医療過誤事件については、専門性と難易度の高い事件類型とされており、理論的な問題点も多いことから、特に積極的に学会・研究会に参加しております。

また近時、新聞報道などされている民法改正の問題にも、積極的に取り組み、数年後に改正予定の民法にも即時に対応できるように努めております。

事務所概要

 

名称 北浜南法律事務所
所属
弁護士
阪上武仁
所在地 〒541-0041 大阪市中央区北浜2丁目3番9号 入商八木ビル8階
電話 06-4708-8512
FAX 06-4708-8513
執務
時間
平日午前9時30分~午後5時30分
主な
取扱分野
交通事故、医療過誤、不動産賃貸借、不動産売買、遺言・相続、離婚、労働、知的財産、倒産、債権回収(民事保全、民事執行)