弁護士業務、法律に関することなど、あれこれ綴っています。

【重要】雇用調整助成金の申請方法

 簡略化された雇用調整助成金の申請方法が発表されました。
 本日は,実際の申請書類マニュアルの添付書類の解説に沿って,分かりにくい箇所や私が疑問に思って問い合わせた箇所を記載したPDFをアップさせていただきました。

 なお,申請ミスを防いで1回の申請で済むよう,面倒でも,この記事は,必ず全てお読み下さい(かなり簡略化されてますが,細部はまだ相当ややこしいですから)。

 

申請書式(注意事項あり)の1枚目

↓↓↓PDF(カラー)でご覧ください↓↓↓
200520雇用調整助成金

 上記PDFは,実際の申請書式と同じくカラーです。
 記載ミスを防ぐためにも,印刷される方は,カラーで印刷して下さい。

 次に,申請ミス防止のため,特に重要なことを書きます。
 読むのが苦手という方も,ミスを防いで申請を1回の申請で済むように,今回は下記を必ず全てお読みください

1 申請書式の入手方法
 厚労省の新しい書式のページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyouchouseijoseikin_20200410_forms.html

 ⑴ どの書式を使うのか
  ① 従業員が雇用保険に入っている場合
   「休業のみ実施した場合」の「雇用保険被保険者」の書式
  ② 従業員が雇用保険に入っていない場合
   「休業のみ実施した場合」の「雇用保険被保険者以外」の
   書式
  ③ 従業員に①②の両方がおられる場合
   ①②両方を使います。
  → 現在Web申請ができないので,郵送になりますが,
   パソコンで入力する方は,「パソコンを使って申請される
   方向け
」の方をクリックして,ダウンロードして下さい。
  → ダウンロードされるファイルは1つですが,ファイル
   の中に提出する4枚のシート(上記PDFと同じ)が
   入っています。
 ※ 併せて「雇用調整助成金支給申請マニュアル」も必ず見て
  下さい。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000631986.pdf

2 記入する際,必ず注意すること
 ⑴ 申請書式(エクセルのシート)の色で記入の方法が違う
  ①ピンク入力が必要な箇所
  ②緑…セルをクリックすると選択肢が出てくるので,該当す
    るものを選ぶ
箇所
  ③うすだいだい…自動入力なので,入力しなくてよい箇所

 ⑵ 記入の順番
  PDFの順番どおりに入力または選択していく。

3 2か月分以上の助成金を申請する方
  PDFの1枚目~3枚目は,1か月分(例えば,4月分)し
 か記入できません

  それ以降の分(例えば,5月分)は,PDFの1枚目~3枚
 目を,新たに作成して,一緒に同封して申請します。

4 送付先
  申請書類一式の送付先は,管轄の労働局(ハローワークで
 はない)になります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10702.html

  参考までに,連絡先が書いてあるリンクを貼りましたが,住
 所が書いてありません。

  私の調べ方が悪いのかと不思議に思ったので,送付先の住所
 が何処に書いてあるのか問い合わせ
てみました。
  すると,上記の電話番号の表はあるけど,住所をまとめたも
 のは無いので…
  ① 上記リンク先で,管轄の労働局の担当部署(大阪府でい
   えば「大阪労働局 助成金センター」)を確認し
  ② その住所を各自がネットで調べて欲しい
 とのことでした(ややこしいことに慣れた私も唖然!)。

  そこで,私の方で調べた大阪府と兵庫県の送付先を載せてお
 きます(何と大阪府も兵庫県も労働局の部署によって複数の
 住所があった!)。

 ⑴ 大阪府
  〒540-0028
  大阪市中央区常盤町1-3-8中央大通FNビル9階
  大阪労働局 助成金センター宛
  06-7669-8900(雇用助成金窓口)

 ⑵ 兵庫県
  〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階
  兵庫労働局 ハローワーク助成金デスク宛
  078-221-5440(ハローワーク助成金デスク)

 以上のとおりです。

 この記事は,絶対必須なことしか書いておりません。

 かなりややこしいと思いますので,質問が有る方は,当事務所の阪上宛にDM( t-sakaue@e-mail.jp )または電話( 06-4708-8512 )でお問合せ下さい(助成金は相談無料匿名不可)。

 ただし,本業がありますので,直ちに対応できないこともありますので,その点はご了承ください。